ブログ

カテゴリ

アーカイブ

【ハンバーグ・ステーキ宮崎亭】第7食 豪華総額8041円 ①何もつけず肉汁の味を堪能する「和牛みすじステーキ」 ②わさび醤油とわさびと何もつけずに食べる「とろける和牛ローストビーフ&和牛霜降りモモレアー揚げ」 2022/06/25

今宵は豪華!


ホテルメトロポリタン東京に入ろうとしたとき、ミサワリフォームさんから電話が入った。
電話を切った時点では、涼しく日本料理を堪能するつもりだったのに、館内を物色しているうちに、宮崎亭に行きたくなってしまった!


店に入ると、オーナーが「あー!こっち、こっち」と4人がけ奥席に招いてくれた。
まさにVIPだわW


メニューがおいてあって、ついつい、ローストビーフに目が行ってしまった!


オーナーが
「ローストビーフはオススメですよ」
他のお客さんたちが耳をダンボにしていた。


「今日のオススメのステーキは?」


「今日はモノがよいので、好みで選んで」と。


宮崎亭で食べたことがないのは”みすじ”(肩バラ肉)だ。
parts


こちらのお店の客単価は2人2500~3000円。
夜はアベックと女性客と家族連れはがりで、みんなハンバーグとお酒とつまみしか頼んでいない。
そんなにお金を持っていない人だ。


オレもひけらかす気はないのだが、お店側は、お客さんへのステーキ肉PRになるから、ここぞとばかりに、積極的にお肉のよさをアピールする。


隣のアベックは、会話がなくなった…
2人で支払総額2650円だったから…


とろける和牛ローストビーフ & 和牛霜降りモモレアー揚げ 2178円


わさび醤油と、わさびが添えられている。
が、オーナーは「何もつけないで食べた方がいい」とアドバイス。
それだけ自信ありだ。
DSC_0025


わさび醤油、舐めてみたら凄くうまいんだけど!!!
DSC_0026


とろける和牛ローストビーフ
オーナーが「こっちがイチオシだ」と伝えに来た。
味はまろやか。
後程、みすじをひとくち食べたあとに、こっちを食べてみたら、味のコントラストが生じた。
肉の味に舌が慣れると、ローストビーフのうまさがよくわかった!
DSC_0028


和牛霜降りモモレアー揚げ
こっちは、わさびにつけたり、わさび醤油につけたり、そのまま食べたり。
うまいです!
DSC_0027


ローストビーフを食べている最中、メインディッシュがやって来た!
Twitterにアップロードした動画では鉄板で焼ける音が聞けるよ!


国産和牛みすじステーキ(150g) 5478円…ミディアムレアー
ライス大盛 385円
合計8041円
2022投資額累計34010円


サーロイン、いちぼ、そして最後の砦となったみすじ。
オレはみすじがイチオシだ!
DSC_0030

DSC_0036


血が滴る!
DSC_0037


オーナーは「生のまま提供したいけど、法律で出せなくなったから」と残念がる。
DSC_0038


ユッケ事件があったからだ。
東武東上線大山の大和屋商店のせいで…


うちの犬と一緒に通ったドッグカフェは大和屋商店の敷地にあったので、大和屋商店の肉を出していた。
「うちの犬は大和屋商店の肉を食べてたよ」と話したら笑っていた!


まぁやと焼肉酒家えびすに肉を販売した大和屋商店と同じビルの1階、ドッグカフェのラッパンドッグ(廃業)にて。
20130506_164857

20130506_165622

20130506_165641

20130506_165807


何もつけないで食べるのが一番!
デホラの塩につけたのは一度だけでした。
DSC_0039


滞在時間は30分
あっという間の8041円でした!
DSC_0041