ブログ

カテゴリ

アーカイブ

【四季彩茶寮旬香】第2食 シェフと接客係マンツーマンの一流のおもてなしと素材の長所を活かした創作メニューの数々「国産牛のサーロイン炭火焼きコース11000円」(7月1日~8月31日までのメニュー) ★2022/7/30(土)21:39 2022/07/30

安全な環境で最強のサービスを受けながら高級料理を満喫する


今宵、個(ひとり)を担保してくれる環境へ。
Breguet マリーン2ブルー生産中止カラー!
DSC_1258


見よ、文字盤の縞模様を!
砂浜のようだ。
光線の位置で文字盤が動くような錯覚!
DSC_1275


裏面はスケルトン
自動巻きの機械の動きが見れる。
DSC_1277


カウンター席ではシェフと対面で会話できるようになっている。
今日はカウンター席の中でも最高のポジション。
全体を見渡す中心地だ。
DSC_1271


本日のオーダーは
「厳選産地からお届け国産牛のサーロイン炭火焼きコース(7品目)」 11000円
コースメニューは季節に応じて変化する。
本日は7月1日~8月31日までのメニュー構成だ。
2022投資額累計25650円
DSC_1364


1品目【前菜(オードブル)】
接客係の内田さんが食材を丁寧に説明してくれた。
それぞれの食材を確認しながら、ゆっくりと、味わいながら食べることができた。
DSC_1279


ゴーヤとしらすのおかか和え
DSC_1281


凄く上品。
落ち着いて、静かに食べるもの。
場違いな躾のなっていないヴァカ客はいない。
安全が担保された環境で安心して食べることができる。
DSC_1280


ゴーヤとは「ニガウリ」のこと。
ゴーヤの苦味が消されており、食べやすい。
おかかの香味がアクセントになっている。
DSC_1292


トマト豆腐
触感はぷにょぷにょしており、トマトのようにプシュって汁が飛ぶようなブツではありません。
赤い小さいものはマイクロトマトというそうだ。
周囲にゼリーがあり、デザートみたいだ。
DSC_1288


水雲酢(もずく酢)落とし芋
ゴーヤ、もずく酢…沖縄かよ!
もずく酢にとろろがかかっている。
DSC_1289


画像上から順に
枝豆と玉蜀黍(とうもろこし)のかき揚げ
オクラのチーズ射込み揚げ
アボカド西京漬け
前菜の中で、最もポピュラーな食べ物は「枝豆ととうもろこしのかき揚げ」と思う。
単品で提供したらオーダーが集中すると思う。
DSC_1290


2品目【刺身】三種盛り合わせ
DSC_1320


鮪の刺身
ネタの品質がよいと、お寿司で食べなくても全然かまわない!
臭みもなく、口の中で濃厚な味が広がる。
1枚は紫蘇に巻いて食べた。
紫蘇は風味がとても強いので、爽やかになる。
DSC_1305


縞鰺
接客係の内田さんに確認したら、上に乗っかっているのは「金魚草」というそうだ。
紫蘇みたい。
1枚は金魚草を乗せて食べた。
美味しかった!
DSC_1313


ほおずき
DSC_1315


そして、今、どこで食べても高額な雲丹。
ユルユルでうまい!
DSC_1314


シェフの臼倉さんに産地を聞いたら、現物を持ってきてくれた。
ロシア産ではなく、北海道産でした!
DSC_1324

DSC_1325


3品目【焼物】鱸(すずき)の香味焼き
DSC_1330


すずきの香味焼きに添えられているのは、工夫を凝らしたピリ辛な葉唐辛子の佃煮と、梅肉を乗せたキュウリ。
DSC_1331


臼倉シェフが説明してくれた。
すずきは醤油ベースで、強調しない程度で、バターとニンニクで味付けしている。
濃いめの味つけにならないようまろやかに仕上げている。
DSC_1332


4品目【煮物】茄子と夏野菜の冷し煮物
食材構成は、枝豆、カボチャ、トマト、茄子、芋。
そして、酢橘の果実を使った甘酸っぱいイナアガー。
DSC_1338


臼倉シェフが作り方を実演してくれた。
イタリアのシェフが8年前、医療用窒素ボンベを応用して撹拌機に使ったのが発祥らしい。
DSC_1334


オレひとりのために、食事を楽しませてくれる!
DSC_1335

DSC_1336


5品目【炭火焼き】厳選国産牛サーロインステーキ
DSC_1348


食材構成は、北海道産国産牛サーロイン(ミディアムレア)、ズッキーニ、ピーマン、カボチャ、さつまいも
DSC_1350

DSC_1352


フリーズドライした醤油
デザインで使い、食材につけて食べるために使う。
1品、1品、シェフたちがいろいろ考えて、時間をかけて創作したことがわかる。
DSC_1345


わさび、醤油、岩塩&ハーブ
DSC_1344


一通りつけて食べてみました。
ハーブは強いです。
食材そのものの味を消してしまうが、これはこれで美味しかった!
DSC_1349


6品目【食事】糠サバ茶漬け
蓋をあけたら、裏面にわさびがついていてビックリ。
DSC_1354

DSC_1357


サバ、糠(ぬか)ともに味・匂いがキツいので、バラして混ぜて食べる。
臼倉シェフからの正しい食べ方をアドバイスされました。
DSC_1358


ラスト
7品目【デザート】チーズ羹(あつもの)とマンゴーソース、水菓子
DSC_1365


豆乳とチーズを混ぜて練った羮に、マンゴーソースがかけられている。
果物としてマンゴーとブルーベリーが添えられている。
甘過ぎたりせず、上品なデザートです。
シェフたちのアイディア(開発)には熱量が感じられる。
DSC_1367


水菓子は、スイカ、さくらんぼ、キウイ
DSC_1368


本日の料理は全て、接客係内田さん、シェフ臼倉さんの説明付きで食べました。
1品、1品、大切に、味わいながら食べれました。
これはおまけの鉄板焼き。
撮影しやすいよう、シェフが協力してくれた!
DSC_1294

DSC_1297

DSC_1299

DSC_1301

DSC_1302

DSC_1303

DSC_1316