ブログ

カテゴリ

アーカイブ

【ソラノイロ 本店】第1食 「ベジソバは動物系不使用ではありません!」(ベジタリアン組織からの”不当表示”糾弾を思い出して) 2019/08/26

ベジソバ 1000円 数年前、動物愛護を標榜するベジタリアンの組織から、ベジソバというネーミングに対して、一定の糾弾が行われていた。 「動物系不使用じゃない」 「不当表示だ」 チーズは動物系。 お店は「ただのネーミングで、動物系不使用は"ビーガンベジソバ"です」と説明しても、聞き入れて貰え… 続きを読む

【中華そば勝本】第2食 黒船つじ田とのサービス面の差 2019/08/24

鳴り物入りで侵略を企てた黒船つじ田は夕飯時なのに、客ゼロ。 対する勝本は、つじ田よりも座席数が多いのに、7~10人待ち。 俺自身はつじ田は好きだが、水道橋で食べる気はない。 つじ田は、隣の駅飯田橋に用事あるときに利用する。 ところで、サービス面におけるつじ田との差だが、おしぼりと、丈夫で柔軟… 続きを読む

【中華そば勝本】第1食 “飯田橋から来襲した黒船つじ田”あれから1年~圧勝!水道橋ラーメン戦争 ”つじ田インスパイア”レッテル貼りブログ論争に終止符! 2019/08/08

水道橋(春日)の業務が予定より早く終わり、21:30前にフリーになった。 そこで、昨年8月2日の「あの一件」を最後に、ずっと訪問機会が整わなかった中華そば勝本へ1年ぶりの入店。 スタッフの顔ぶれが様変わりしていた。 1年前から在籍していた職人とスタッフは2名しかいなかった。 勝本は、いつもな… 続きを読む

【中蘭】第3食 「何のためにそこに突っ立てるんだ?」提供待ち19分・・・カウンター担当女子スタッフの逆ギレ(”めんどくせえ女”の典型) 2019/07/26

早朝、神南にある代々木オリンピック競技場周辺で用事を終えて、東京国際フォーラムへ移動。 午前のノルマを果たして中蘭へ。 12:08食券購入。 両サイドのカウンターテーブルを見ると、客入りはまばら。 2つのカウンターには、それぞれ担当スタッフが配置されている。 女子スタッフに、オーダー表とと… 続きを読む

【中華そば二階堂】第8食 基本「スープ割」を利用しない→例外は? 2019/07/24

店員さんに「スープ割しますか?」と訊ねられ、「俺、スープ割しないので」と答えた。 濃くて酸っぱいままのエキス(つけ汁)が好きなのです! ただし、使うときもあります。 ①細かい具が多いとき(ネギやミンチ肉) ②カネキッチンの昆布水 大きな器のつけ汁 つけそば(中盛300gサービス)800円… 続きを読む

【中華そば二階堂】第7食 癖になりつつある「汁なし担々麺」 2019/07/22

汁なし麻辣担々麺(ライス小セット)880円 他のメニューも食べればよいのに、何故か「汁なし○ー」と言ってしまう。 癖になりつつある。 追い飯 =====広報===== メディア実績ページリンク 【アルバム】社会保険労務士 松本祐徳 メディア実績(2013~) … 続きを読む

【めん徳二代目つじ田 飯田橋店】第4食 「バリ味噌次第」飯田橋つじ田の選択 2019/07/21

今夜は迷うことなく飯田橋つじ田を利用。 ただし、味噌の章とめん徳のどちらにするかは「バリ味噌」次第。 やはり、バリ味噌は完売。 めん徳に入店した。 濃厚らーめん780円 =====広報===== メディア実績ページリンク 【アルバム】社会保険労務士 松本祐徳 メ… 続きを読む

【中華そば二階堂】第6食 ①19日連続 観測史上初の日照不足(東京) ②椎名町駅北側ホーム裏と椎名町すずらん通りの間にある谷端川支流暗渠 2019/07/18

東京都心の「日照時間3時間未満」が19日連続に。 観測史上初 平年は計約15日に達する都心の7月の真夏日も、今年はこれまで一度もない(2019年7月16日) ========== 雨が止んだと思えば、青空は見られず、30分~数日間間隔で激しく降る。 その繰り返しで、要らないほど雨というお釣… 続きを読む

【中華そば二階堂】第5食 伊吹いりこの煮干しラーメン 2019/07/11

3夜連続利用となった中華そば二階堂。 5月最終週から、千代田区・中央区へ定期訪問しているが、こちらへの訪問も、今後は飛び飛びになる。 最近寄っていない店は、他にもたくさんある。 ラーメンを食べ歩くために、予定時間より60~30分早く外出するのも億劫。 特に、天候不良と、1993年(バブル崩壊… 続きを読む

【中華そば二階堂】第4食 キャンディーと疼く歯茎 2019/07/10

キャンディーを貰って、奥歯で噛んだつもりだったが、かなり昔に親知らずを抜いた一番左下の奥の歯茎(親知らずの生えるところ)で噛んでしまったようだ。 月曜夜の出来事だが、今日は一日中腫れ上がって、唾を呑めば喉まで痛む状態だ。 右の奥歯で同様の経験が一度だけあって、そのときも数日の間、泣きそうになるほ… 続きを読む