ブログ

カテゴリ

アーカイブ

【麺屋福丸】第3食 3♂以下の糞現場と感動の等々力渓谷 2021/03/10

ひでえタイトルだけど、等々力渓谷に感動した! やっと、この地に降臨したぞ! 東京23区にこんな絶景があるねんて! 河野せせらぎがあるから、白金台の自然教育園を凌ぐぞ! 2021/3/10 120杯目麺屋福丸 2021利用回数3回(202… 続きを読む

【新京】第5食 ①尾山台にある宇佐神社&別当浄土宗傳乗寺を貫通する用水路&丸子川を泳ぐ鴨 ②餡掛け広東麺で街中華気分♪ 2021/02/25

尾山台にある宇佐神社 由緒正しい古い神社と思って調べてみたら、やっぱり。 この多摩川沿い一帯は、古墳も多数出土し、古くより栄えたことがわかる。 「社殿裏側の境内地は5世紀末~6世紀前半の首長墓と推定される八幡塚古墳であり、刀剣類や土器など多数の副葬品が出土している」そうだ。… 続きを読む

【カネキッチン】第35食 ①田園調布にある亀甲山古墳から多摩川と富士山の眺望 ②麺家歩輝勇定休日 ③カネキッチン臨時営業企画は白河ラーメンをアレンジした「ネギチャーシューメン」 2021/02/24

今日もまた、自宅から自転車で片道17kmも離れた田園調布に訪問。 ※写真は亀甲山古墳 最近は ①自由が丘・田園調布エリア(尾山台、奥沢、玉川田園調布、田園調布) ②経堂・千歳船橋エリア に行く頻度がかなり高い。 深夜、カネキッチ… 続きを読む

【らーめん田丸】第2食 下目黒五丁目児童遊園の境目を走る羅漢寺川暗渠&目黒競馬場トラック跡(さくらの里街角公園) 2021/02/17

下目黒五丁目児童遊園の境目で、羅漢寺川暗渠を発見。 夏にレポートした目黒本町へと続いて行く ※2020/7/31 【醤丸】第2食 ①目黒区目黒本町1丁目と品川区小山台2丁目の境界~目黒川支流"羅漢寺川"暗渠 ②碑文谷・学芸大学駅・五本木"過去の思い出"のルートを避けて店主上機嫌… 続きを読む

【オールドラーメンショップ逆流】第10食 『暴れん坊将軍』の舞台にもなった下練馬宿から下頭橋まで旧川越街道→石神井川ライン下りを慣行して自転車でゆっくり25分…残り一人前となった”なめ茸”ゲット!(イルデスカラス登場動画付き) 2021/02/13

北町若木トンネル付近 ブリンカーライトが交互に点灯している。 ブリンカーライトは、障害物表示灯といい、事故防止のため、車道の分離帯箇所に設置されている。 10:00過ぎ、北町一丁目の用事が終わってしまった(涙) 赤塚にある「麺や河野」を利用したかったのに、2時間も待てない… 続きを読む

【みそ味専門マタドール】第1食 千住大橋から旧日光道へ!初となった足立区ラーメンブログ記事は地元人気店”マタドール” 2021/02/12

千住大橋 徳川家康江戸入府後、隅田川に架けられた初めての橋である。 この橋を渡り、「奥の細道」松尾芭蕉が旅立った旧日光道千住宿を通過した。 マタドール。 牛筋専門の方を訪問したつもりが、みそ味専門店と書かれていたので、どうやらGoogleナビの設定を間違え… 続きを読む

【日常】江古田の読み仮名「えごた」「えこだ」…正式な読み方は? 2021/01/24

江古田「旭文化通り」にある人気のとんかつ屋さん 「とんかつ藤」 「藤」を名乗るのに「下がり藤」「上がり藤」の家紋ではなく「違い鷹の羽」の家紋であることが特徴。 これまでは「ロースかつ定食(1300円)」を頼んできたが、今夜は「ひれかつ定食(1400円)」… 続きを読む

【カネキッチン】第13食 加速する心境の変化…塩田さんの金髪雑談を通して(おまけ=大好きな日本橋) 2021/01/18

「いいね金髪!」 「髪が伸びてきてまだらになっちゃって」 塩田さんとの雑談です。 「いい年して不良みたいだから」 そう言うから 「したくても許されない人がたくさんいる」 「規則に縛られて仕事をしている人からは、憧れられますよ」 これはオレの経験談(日本橋… 続きを読む

【らーめん田丸】第12食 久々のカレーどんぶり=チャーシューメン(並) 2020/10/13

昨夜、急遽決まった林試の森訪問。 松本は目黒出身で、目黒不動周辺には、結構友人がいました。 ガンダムです。 八百屋のお七と井戸のお話です。 で、その帰りに、らーめん田丸を利用。 コンビニ弁当を食べてしまったので、大盛はやめました。 でも、全然足りない(笑)… 続きを読む

【らーめん田丸】第11食 代官山…①目黒元富士・東京富士見坂 ②地蔵尊・道標(右大山道・南無阿弥陀仏・左祐天寺道) 2020/09/05

代官山 江戸時代に代官所はなく、それ以前にもこの地に代官所があったという歴史的な記述がない。 ただし、この辺りは、共済病院方面から、代官山を経由して鎌倉道(並木橋→金王八幡神社・渋谷城跡→青学の西側に沿う道)が通じており、歴史が古い。 次に、目黒元富士跡の碑… 続きを読む