ブログ

カテゴリ

アーカイブ

【らーめんヤマト】第16食 練馬区議会議員補欠選挙の結果と東京都議会議員北区選出音喜多駿の便乗批判にひと言! 2018/04/16

メディア実績ページリンク

【アルバム】社会保険労務士 松本祐徳 メディア実績(2013~)

著書『図解とQ&Aですっきりわかるマイナンバーのしくみ』(宝島社)=33,000部=トーハン調べ2015/11/4週間ベストセラー単行本ビジネス書6位
共著『入門 マイナンバーの落とし穴ー日本一わかりやすい解説』(毎日新聞出版)=10,000部
20151214_105901
20151017_151134

『週刊エコノミスト 2018年2月20日号』(毎日新聞出版)2018年2月13日発売「特集:みんなの労働法」最大枠2テーマ5頁寄稿

『週刊エコノミスト 2015年9月15日特大号』(毎日新聞出版)2015年9月7日発売「特集:マイナンバーがやって来る!」最大枠5頁寄稿

講演

20160325_165000
小池百合子都知事のお膝元である豊島区と練馬区。
そのうち練馬区で行われた練馬区議会議員補欠選挙結果
5議席中3議席は、以下、都民ファーストの会の議席だったもの。
①尾島紘平(都議会議員現職)
②村松一希(同上)
③高松智之(練馬区議会議員前職、昨秋衆議院選挙に希望の党から立候補し落選)
都ファから高松智之候補と橋口奈保候補が出馬したが2人とも落選。
結果的に3議席全て失ったことになる。
伊藤店主は橋口候補に投票したそうだが、結果を知ってガッカリしていた。
20180416_133200
昨秋の総選挙のタイミングで、小池批判を繰り広げ、都ファを離党した音喜多駿東京都議会議員(北区選出)が補選結果に対して次のようなコメントを発した。


音喜多のメッセージの中で特に気になった一文がある。
「都知事選・都議選の圧勝を演出した選挙チームはすでに去り、いまの党首脳部に選挙がわかる人材はいないようです」
彼は自分が選対にいないから落選したとでも言わんばかりの口ぶりだ。
彼より選挙を知り、選挙戦を数多く戦っている人材が応援に入っている。
自民党豊島総支部・練馬総支部として、そして現在は都ファとして、小池百合子や豊島区長、自民党地方議員、区割り変更を伴う熊本県議会議員選挙無所属候補、都ファ都議会議員を勝たせ、又は自ら選挙に勝った地元議員、元秘書、後援会組織が応援したにも関わらず、今回の補選は完敗した(=印参照)。
事態はもっと深刻だ。
================
2012・2014解散総選挙(小池百合子)
2013都議選(堀こうどう・柴崎幹夫・山加朱美)
2015統一地方選(豊島区長選・豊島区議会、練馬区議会、熊本県議会)
2016都知事選(小池百合子)
2016衆議院補選(若狭勝)
2017都議選(荒木千陽・村松一希・尾島紘平・本橋弘隆)
================
音喜多って、ホントにヴァカだろ。
「都知事選・都議選の圧勝を演出した選挙チーム」なんか関係ない。
従って、音喜多や上田令子など、居ても居なくてもいっしょ。
ましてや練馬区と言うローカライズな地域での選挙だ。
練馬区や豊島区で、音喜多に一体どんな人脈があるの?
何なら、お前が練馬や豊島で出馬するなり、自分の塾生を練馬や豊島で候補に立たせて勝たせてみろって。
ネギチャーシューめん700円
赤蕪サービス

20180416_045730

20180416_045739