ブログ

カテゴリ

アーカイブ

【四季彩茶寮旬香】第14食 テーマは”誂え”…きのこ4種七輪炭火焼き/にんにく&オーダーメイドした帆立貝と真鯛の鉄板焼き(四季彩セット)/ご飯と相性抜群な豚トロ西京味噌漬け炭火焼き&北海道産いくらの醤油漬け(お食事セット)/シーバスリーガル12年(ロック)11090円 ★2022/11/18(金)21:10 2022/11/18

オーダーメイドして良かった!


お昼前に閃いた!
リクエストしたい材料(メニュー)が閃いた!


何事にも直感的に閃いたら即行動に移す性格なので、お昼時間にホテルメトロポリタン予約センターに電話してディナー予約した。


社労士業務の方で、またしても特需が決まったので、夕方からその下調べをするため予約時間を19:30に設定した。
それにしても止まらない社労士報酬大幅アップ!(驚)
今週だけで12月特需20万円超が決まった。


それはそうと、予約時、カウンターは空いていないと言われたので「動線で潰しているカウンター席でいいよ」と伝えた。
予約時間が遅いので「7番が空くかも知れない」との回答を受けた。
通されたのは7番でした!!!
でも、風音さんがいない…
お休みなのか、花むさしシフトなのか…
若手女子は会席(花むさし)にとられてしまい、旬香はいつもおじさんばかりなんだよねえ(悄気)


①きのこ盛り合わせ七輪炭火焼き 1250円

DSC_4785


こちらはデフォルトメニュー。
予め袋に入れた状態で鉄板で蒸した茸が提供され、自分で七輪炭火焼きする。

DSC_4791

DSC_4790


きのこは、椎茸、舞茸、白しめじ、あわび茸。
DSC_4792


片面に焼け跡がついたら、裏返して軽く焼いて食べる。
きのこの旨味が濃縮された状態で食べることを心がけよう。
焼きすぎると水分が飛んじゃうから!
★豆知識だが、松茸なら「汗をかいたら」って食べ時がある。
DSC_4799


薬味は、ポン酢・ネギ・酢橘・もみじおろし。
しゃぶしゃぶみたいだね。
お客さんの中には、これだけ食べに訪れるお客さんがいるそうだ。
理由?
きのこ限定料理って、どの店も取り扱っていないからだ。
DSC_4789


キッチンスタジアムでは、にんにくと帆立貝と真鯛と四季彩の鉄板焼きが始まった!
DSC_4801


②にんにくの鉄板焼き(岩塩・青唐辛子味噌) 950円

DSC_4802


こちらもデフォルトメニューです。
一通りオーダーしたあとで、追加しました。
青森・岩手フェアのまるごと蒸し焼きのにんにくより、こっちが好きだ!
DSC_4803


青唐辛子味噌をトッピングしてくれた。
にんにくとの相性抜群!
岩塩より青唐辛子味噌を有効活用しました。
DSC_4807


③帆立貝の鉄板焼き(バター醤油)1500円
④真鯛と四季彩の鉄板焼き(バルサミコと西京味噌の合わせソース) 1780円

DSC_4811

DSC_4813


③④どちらもシェフにお願いして誂えたオーダーメイド料理!
③④に分けたのは伝票上のコストが分割されているからだ。
DSC_4848


お店に到着し、カウンターに座ってから、直ぐに臼倉シェフを捕まえて、直談判して特注しました。
「帆立貝と白身魚の鉄板焼きが食べたい。ソースはお任せします」


料理は臼倉シェフではなく、副料理長の村上シェフ自ら率先して作ってくれた。
ソース選定、トッピングの四季彩に至るまで全て村上シェフのアイディアです。


帆立貝は定番のバター醤油。
みずみずしさを残さず、しっかり鉄板焼きしてあります。
とても美味しいです。
DSC_4821


白身魚は定番の真鯛。
ソースはバルサミコと西京味噌を合わせてマイルドに仕上げています。
帆立貝、真鯛ともにバター醤油でも旨いですが、飽きてしまう。
変えていただいて良かったです!
DSC_4823


四季彩旬香オールスター!
ビーツ
青芯大根
紅くるり
インカのひとみ
長ネギ
ほうれん草
…きのこがないのは、七輪炭火焼きでオーダーしたから、被らないよう考えてくれたのです。
DSC_4822


「バタバタバタ」
店内マナー上、あまり起こらないような、結構、激しい足音がしたので振り向いたら…
あれ?
一瞬、風音さんの後ろ姿が!
裏通路に消えてしまった。
お休みではなく「花むさし」シフトで、身動きが取れないほどハマってるっぽい。
祐徳の後ろ姿を見たから、来店していたことには気づいたと思う。


⑤豚トロ西京味噌漬け炭火焼き 1780円
⑥いくらの醤油漬け 1250円
⑦ごはんセット(おかわり自由 白米・しじみ味噌汁・お新香) 680円


⑤は今月のランチタイムメニュー
⑥は秋のキャンペーンメニュー
⑦味噌汁を青森・岩手フェアのしじみ味噌汁に変えてくれた!


DSC_4836


豚トロは、当初「ガーリック焼き」をお願いしたが、予め西京味噌に漬けた豚トロしか持ち合わせがないとのことでランチタイムメニューと同じものにした。
DSC_4833


数日間西京味噌で寝かせた豚トロを炭火焼き。
豚トロはかなり脂っぽいので、西京味噌に漬けてマイルドに仕上げている。
野菜はもやしの鉄板焼きに赤糸唐辛子とネギを合わせる

DSC_4826


「いくらはごはんセットと一緒に出して下さい」とお願いした。
DSC_4834

DSC_4832


ライスはおかわり自由なので3杯!
半分(1.5杯)はいくら丼にしました!

DSC_4838


西京味噌(豚トロ)、いくらどちらも白米とピッタリ!
シェフも自信と手応えを感じて提供していました!
DSC_4841


⑧シーバスリーガル12年ロック 950 X 2杯 =1900円
「酒は飲まない」の一点張りだった松本。
今宵はブレました!
実は、店員さんには言わなかったのですが、お店に来る前から、ウイスキーロックをオーダーすると決めていました。
DSC_4843


「あれ?」
「しかもロック?」
スタッフさん、臼倉シェフも驚いていた。
臼倉シェフとこれからの生き方について話している最中、後ろに人影が…
チラっと見えたのは風音さん!!!
挨拶しに来たみたいだけど、間が悪くて結局目を合わせずに帰りました。
DSC_4846


本日の会計11090円
2022投資額累計109620円
それにしても風音さん…
話したいなあって思っているのにいつも不在又は花むさしにとられてていて…
こういう状態って、話したい思いが募るので、特別な感情が芽生えるきっかけになる典型例!?
DSC_4848