ブログ

カテゴリ

アーカイブ

【中国料理桂林】第1食 シングル客専用 土日祝日限定「桂林ランチ」3600円/豚肉とサーモンの点心・ふかひれスープ・鴨ロース・綠豆寒天寄せ・四川麻婆豆腐・小海老チリソース・杏仁豆腐・鉄観音茶・かぼちゃの種・砂糖漬けピーナッツ ★2022/9/17(土)12:29 2022/09/17

あれから満25年


11:05過ぎ、ホテルメトロポリタン2階到着。
旬香/花むさしのフロア前へ。
オープン11:30
11:00と思っていた(汗)
DSC_3086


2階にはホテルメトロポリタン/日本ホテル株式会社直営の高級中国料理店もある。
DSC_3091


中国料理はソロのコースメニューがないから避けてきた。
でも、ランチならばシングル専用コースメニューがあるかも知れないも思って来てみたら、やはりあった!
土日祝日限定 桂林ランチ 3600円
2022投資額累計3600円
DSC_3088


店内は、落ち着いた30代の女性スタッフが中心的な役割を果たし、彼女たちと同世代の女性客も訪れる。
DSC_3107


①小前菜二種盛り
②ふかひれスープ
③蒸し点心二種

DSC_3123


ふかひれスープ
最初に手をつけたのはこれ!
厳密には、干し貝柱とふかひれが入ったスープ。
美味しいなあって思いながら、他の料理に手をつけないで完食した。
DSC_3119

DSC_3125


鴨ロース
鴨料理は肉汁が表に出やすく難しいと聞いたことがある。
肉汁の旨味が閉じ込められており美味しいです。
DSC_3117


綠豆(りょくとう)の寒天寄せ
見た目で「これは烏賊ですか?」と聞いてしまったW
薬っぽい匂いがしたので「ソースは何なの?」と、担当スタッフの櫻井さんに質問してみた。
「ジョーマーソース」との回答。
漢字は「椒麻」。
麻婆の「マー」と山椒の「ジョー」。
香辛料の匂いでした。
DSC_3118


点心は左から
豚肉焼売
サーモンと海老の焼売
初めから味付けされており、何もつけずそのまま食べる。
温かく旨味が閉じ込められておりうまい!
DSC_3120


④主菜
6品より2選…
白身魚と麻婆豆腐、どちらにしようか迷った!
DSC_3133


小海老チリソース煮

DSC_3134


チリソースに舌を飽きさせないよう、グリーンピースでアクセント。
グリーンピースのおかげで、しつこくなくてチリソースが引き立てられていた。
DSC_3130


四川麻婆豆腐

DSC_3135


ニラと麻椒辣。
山椒の刺激でヒリヒリヒリヒリ。
といっても、日本人用にキツくしないよう控えられている。
ニラと山椒で食欲が掻き立てられた!
DSC_3132


⑤本日の炒飯又は焼きそば又はお粥又はご飯
⑥漬物

DSC_3138


炒飯と焼きそばで迷ったが、焼きそばはかた焼きそばではなかったので、炒飯をチョイス。
フリーズドライ醤油とゴマを使用した炒飯とお供の漬物は搾菜。
その辺の店で食べるような米がパサパサだったり、油っぽい炒飯じゃない!
DSC_3140


⑦デザート

DSC_3142

DSC_3143


杏仁豆腐
DSC_3144


鉄観音茶
烏龍茶にはいくつかの種類があって、そのひとつなんですってね!
オレは全く知らなかった!
DSC_3148

DSC_3146


フランクミュラー”コンキスタドールキング”のピンクゴールドが眩しい!
DSC_3151

DSC_3157

DSC_3159


かぼちゃの種と砂糖漬けピーナッツ
デザートと鉄観音茶のおつまみです。
DSC_3145


伝票です。
制限時間は120分。
そんなにかからないと思ったが、1時間以上の滞在となった。
DSC_3161


以下は単品メニュー。
「ひとりでも利用できますよ!」と櫻井さんが貸し出ししてくれた。
肉料理には国産牛ステーキもあるし、シーフードにはアワビやホタテもあるし、次回、また来ます!
DSC_3089

DSC_3094

DSC_3095

DSC_3096

DSC_3097

DSC_3098

DSC_3099

DSC_3100

DSC_3101