ブログ

カテゴリ

アーカイブ

【木曽路 上落合店】第13食 役者パート渡辺さんの親切で落ち着いた大人の接客…①「秋のうまいもの紀行」北海道産毛がに姿盛り/熊本県産&長崎県産とらふぐ御膳 ②「料理長おすすめ逸品料理進呈券」天婦羅盛り合わせ(合計9130円) 2022/10/05

ふぐの知識が身に付いたぜ!


1.北海道産毛がに1杯/毛がに姿盛り 4950円
_20221005_143502


2.国産とらふぐ/ふぐ御膳(食事メニューアップグレード) 4180円
①てっぴ(ふぐの皮の湯引き)
②前菜(ふぐ煮凝り・水菜お浸し・菊花株)
③てっさ(ふぐ刺し)
④ふぐ唐揚げ
⑤ふぐ茶碗蒸し
⑥てっちり鍋(ふぐ鍋)
⑦食事(ふぐ茶漬け・椎茸の艶煮と身皮とわさびの薬味・香の物)
⑧デザート(わらび餅・煎茶)
※ふぐ産地…唐揚げのみ長崎県産、あとは全て熊本県産
※「ご飯・汁物」から「ふぐ茶漬け・薬味」にアップグレードしたため330円アップ
_20221005_143351


3.天婦羅盛り合わせ(料理長おすすめ逸品料理進呈券) 0円
大葉、椎茸、青唐辛子、ニンジン、海老2尾、舞茸、かぼちゃ、もんごういか、レンコン
※お刺身盛り合わせとの選択
DSC_3227


本日の接客はパートの渡辺さん。
天候不良と平日水曜日とあって、さほど混雑しておらず、とても親切に接客してくれた。


ふぐの小コースの他に、毛がに1杯と天婦羅が加わった。
コースメニュー提供順位の変更について、彼女からの打診もあったが、こちらからもお願いするつもりでした。
提供順位を彼女にお任せした。
生シーフード(刺身、蟹)、鍋、揚げ物があるので、提供順位はとても大事です!


まずは、生魚系先行提供。
①から④までの食事の進捗状況をチェックしながら、次メニューを提供するよう依頼した。


①前菜(熊本県産ふぐ煮凝り・水菜お浸し・菊花株)
②熊本県産てっぴ(ふぐの皮の湯引き)
③熊本県産てっさ(ふぐ刺し)
④北海道産毛がに姿盛り

DSC_3228

DSC_3249


オードブル(前菜)
DSC_3231


ふぐの煮凝り
渡辺さんとの会話で「煮こごり」の綴りについて「煮凝りでしょ?」と聞いたら「違う」と言われて、調べたら「煮凝り」でしたW
煮凝りの作り方は、ふぐのゼラチン質がゲル化したところで冷やして保存し固めるらしい。
寒天とは違うみたいだ。
DSC_3236


水菜お浸し
DSC_3237


菊花株
これ旨い!
DSC_3238


てっぴ(ふぐの皮の湯引き)
DSC_3230


てっぴとは「鉄砲の皮=ふぐの皮」のこと。
ふぐは毒にあたると死んでしまうことから、江戸時代に「鉄砲」に例えられた。
また、江戸時代はふぐの食事が禁止されていたので、隠語で「てっぴ」と呼ばれた。
DSC_3239


てっさ(ふぐ刺し)
DSC_3229

DSC_3250


身皮です。
ふぐの皮と身の間の部位です。
DSC_3251


北海道産毛がに姿盛り
DSC_3242


キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚
毛がに1杯超贅沢!
DSC_3255


渡辺さんが落ち着いた大人の女性なので「正社員さん?」と訊ねたところ「パートです」という。
更に踏み込んで「ひょっとして役者さん?」と質問した。
渡辺「いえ、、、舞台には立ちますけど」
オレ「じゃあ、役者でしょ?」
渡辺「はい、そうです」
DSC_3248


こちらのお店で、役者さんと当てたパートさんは2人目!
オレ「福岡から上京した有吉さんも役者でしょ?」
渡辺「彼女のことご存知なんですか?」
オレ「彼女が上京して2か月の頃、ここで初めて会ったから、当てたんだよ、役者ってことを!」
オレ「有吉さんは事務所所属だけど、渡辺さんは?」
渡辺「私はフリーです」
オレ「仕事取るの大変でしょ?」
渡辺「大変です」
オレ「自称プロデューサーの変態にはくれぐれも気を付けてね!」


オレがシングルであると決めつけてきて(笑)
今月、離婚満10年を迎えると自白した。
犬がいるから寂しくないとも。
彼女もシングルらしく、猫と暮らして寂しさを紛らわしているそうだ。
DSC_3256


蟹味噌
DSC_3253


キレイに平らげました
DSC_3257


⑤熊本県産ふぐのてっちり鍋
⑥熊本県産ふぐ茶碗蒸し


渡辺さんが蓋を開けて中身を見せてくれた!
DSC_3259


てっちり鍋とは…
渡辺さんに知ったかぶりしてしまった!
江戸時代、ふぐの毒にあたると死ぬことからふぐは鉄砲に例えられた(てっぴの項で既報)。
また、昆布だしを使い、タレに薬味を加えて食べる鍋料理のことをチリと呼んだ。
てっちりとは「鉄砲+チリ」から誕生したふぐ鍋の別称であり、江戸時代、ふぐが禁止されていたことから、庶民から隠語として用いられた。
DSC_3265


鍋から湯気が吹き出したので食べます!

DSC_3267


渡辺「(てっちり鍋の語源に関して)お客様から質問されることもあるので勉強になりました」
DSC_3268

DSC_3269

DSC_3270


昆布だし
DSC_3271


⑥熊本県産ふぐ茶碗蒸し
温かいメニューとして、てっちり鍋とセット提供されました。
DSC_3261


⑦長崎県産ふぐ唐揚げ
⑧天婦羅盛り合わせ
揚げ物2点セット提供!

DSC_3278


これだけ長崎県産のふぐです。
ふぐの唐揚げと、レンコン挟みしたふぐの料理です
釜炊き塩(甘めの塩)につけて食べる。
DSC_3274


天婦羅盛り合わせは、料理長おすすめ逸品料理進呈券無料サービス!
DSC_3272


大葉、椎茸、青唐辛子、ニンジン、海老2尾、舞茸、かぼちゃ、もんごういか、レンコン
天つゆと塩で食べる!
オレが日本料理に通っているのを知った渡辺さんが機転を利かせて塩を持ってきてくれた。
DSC_3280


⑨食事
330円上乗せして、ご飯・汁物から変更してふぐ茶漬け・薬味(椎茸の艶煮・ふぐ身皮・わさび)に変更した。

DSC_3285

DSC_3286


土瓶の湯をかけてお茶漬けを作る。

DSC_3288


渡辺さんは石巻出身者。
石巻選出の元衆議院議員大久保三代の顧問をしていたことを話してしまった!(爆)
DSC_3290


フランクミュラー”ロングアイランド”
見る角度で時計針が青色になる。
鉄の焼き方で青色発色する。
高級時計は1本、1本、時計職人が製作するから高いのです。
DSC_3291


⑩デザートのわらび餅と煎茶

DSC_3292

DSC_3293


今宵は生憎の雨。
徒歩25分かけて17:40からジャスト20:00までお店にいました。
過去最長140分!
それだけのボリュームでした。
※彼女は最後に挨拶に訪れた。
楽しいディナーでした。


合計9130円
2022木曽路投資額累計77100円
DSC_3298