ブログ

カテゴリ

アーカイブ

【画像と史料ですっきりわかる目黒1丁目界隈の郷土史】第4章 三條實美と久米邦武~元肥前国島原藩主松平主殿頭千代ヶ崎抱屋敷領地の一角に在住した有力者たち 2019/05/21

メディア実績ページリンク

【アルバム】社会保険労務士 松本祐徳 メディア実績(2013~)

著書『図解とQ&Aですっきりわかるマイナンバーのしくみ』(宝島社)=33,000部=トーハン調べ2015/11/4週間ベストセラー単行本ビジネス書6位
共著『入門 マイナンバーの落とし穴ー日本一わかりやすい解説』(毎日新聞出版)=10,000部
20151214_105901
20151017_151134

『週刊エコノミスト2019/4/9号』(毎日新聞出版)2019年4月1日発売「特集:始まる!働き方改革法 」”素朴なギモン”2テーマ寄稿

『週刊エコノミスト 2018年7月17日号』(毎日新聞出版)2018年7月9日発売「特集:変わる!労働法」最大枠2テーマ3頁寄稿

『週刊エコノミスト 2018年2月20日号』(毎日新聞出版)2018年2月13日発売「特集:みんなの労働法」最大枠2テーマ5頁寄稿

『週刊エコノミスト 2015年9月15日特大号』(毎日新聞出版)2015年9月7日発売「特集:マイナンバーがやって来る!」最大枠5頁寄稿

講演

20160325_165000

東京都知事小池百合子さんにテレビで紹介されました!

20160619_202852

====================

《資料》【上空地図】松平主殿頭千代ヶ崎・傳道抱屋敷の領域と目黒1丁目を通過した三田用水の軌跡

松平主殿頭上空地図
チェックイン:マンション目黒苑(約27年間暮らした場所)
赤枠:松平主殿頭千代ヶ崎・傳道2抱屋敷
黄線:三田用水本線
水線:江戸時代の三田用水本線と白金分水路長者丸方面
白枠:千代ヶ池
黄緑●:三田用水銭瓶窪口
黄緑線:白金分水路
金点線:現地確認した暗渠
橙枠:旧久米邦武邸
緑枠:旧三条実美邸(正確な範囲不明)
黄▲:三田用水普通水利組合事務所
※千代ヶ崎抱屋敷の中を通過した三田用水は3つにバイパスし、目黒1丁目エリアを潤した。
====================

【第4章】三條實美と久米邦武~元肥前国島原藩主松平主殿頭千代ヶ崎抱屋敷領地の一角に在住した有力者たち

1.公家出身”梨号”三條實美とパレス三條の碑

三條實美は公家出身の政治家。太政大臣を経て、内大臣のときに、黒田内閣総辞職に際して、2ヶ月間、内閣総理大臣を兼任した(臨時内閣だったため、歴代の内閣総理大臣の中に名を連ねていない)。
天保8年2月7日生、明治24年2月18日55歳没。
葬儀は国葬で行われた。
爵位は「公爵」。
三条実美
==========
三條坂の中腹にある「パレス三條」(昭和44年1月竣工)の入口には、昔から、とある碑文(目黒区目黒1-2-7パレス三條)が建っていた。
20190504_095451

20190504_095306
自家君梨堂公即卋三年於慈美不肖公美爾
閲遺書獲此文於故紙中筆塗抹勲竄而手筆
所草不敢改一字建石奉物以傳卋後云
明治二十六年三月 公美拜識
20190504_095417
碑文下段1行目「梨堂」とは三條實美の雅号(別名「梨木誠斎」)である。
実美の遺書の中で「勲」という一字が筆で塗り潰されていたが、敢えて訂正しないで、石碑で後世に伝えていくということだろうか。
なお、上段は恐らく遺書をありのままに転記したのだろうが、何と彫られているやらさっぱり読めない(;´д`)
20190504_095356
坂の頂上の三條實美邸宅跡にはホテルが建っている(品川区上大崎2-23-7)。元の名称は「ホテル三條苑」であったが、現在は経営者が在日朝鮮人の女性に代わり「ホテルプリンセスガーデン」に改称されている。世間にはメディアを通じて、黒い噂ばかりが出回っている。
当たり前のことだが、こちらには三條實美の記念碑はない。
私的には、旧三條邸という事実だけがホテルの宿泊勧誘に利用されているに過ぎず、遺構としての価値はゼロと思う。
20190504_094159

2.『神道ハ祭天ノ古俗』”易堂”久米邦武

久米邦武は肥前佐賀藩士出身であり、近代日本の歴史学の先駆者。
雅号は「易堂」
天保10年7月11日生、昭和6年2月24日没(享年91歳)。
三條實美とは僅か2歳違いでした。。。
しかも、公家出身の三條實美とは対極にいる人物。
久米邦武
久米邦武は、特命全権大使岩倉使節団の一員として1年9ヶ月に及ぶ海外視察を通じて、『特命全権大使 米欧回覧実記』全100巻を編集し、政府から報奨金500円を受け取った(明治時代の1円の価値を現代に換算すると3,800円程度の価額になる)。
久米邦武は、報奨金の一部を軍資金にして、江戸時代に千代ヶ崎抱屋敷に属していた土地のうち南側の部分を購入した。
なお、彼は明治25年に田口卯吉が主宰する『史海』に転載した論文『神道ハ祭天ノ古俗』の内容(要約すれば「神道は教条的な宗教ではなく自然崇拝に属する習俗に過ぎない」という解釈)が、当時、神道の国教化を画策していた神祇官から糾弾され(久米邦武筆禍事件)、帝国大学教授を辞職している(神仏分離令を発令して廃仏毀釈を主導したのは神祇官だった)。
現在、目黒駅西口には久米ビル(品川区上大崎2-25-5)という名の建物があり、プライベート美術館である久米美術館が所在している。
==========
一方通行の目黒通りのバイパスも久米邦武のお屋敷の一部だった。
右が久米ビル。
20130830_171240
権之助坂商店街。
左手にあるエイブルがテナントのビルと、その右隣のビルの間には、起伏のある謎の抜け道があった。
千代ヶ崎抱屋敷の西の最南端にあたる。
旧久米邸宅も同様。
10代の頃まで、左手は創業者時代のらーめん田丸、右隣は古本屋だった。
20170812_115225

===バックナンバーリスト===
【画像と史料ですっきりわかる目黒1丁目界隈の郷土史】序章 27年過ごしたマンション目黒苑と松平主殿頭千代ヶ崎抱屋敷(富士山・丹沢大山・秩父連山を一望した絶景スポット)

【画像と史料ですっきりわかる目黒1丁目界隈の郷土史】第1章 深溝松平家(松平主殿家)の藩と藩邸の変遷(明治大学発祥地・慶應義塾三田キャンパスとの関係などを含む)

【画像と史料ですっきりわかる目黒1丁目界隈の郷土史】第2章 肥前国島原藩主松平主殿頭千代ヶ崎抱屋敷Ⅰ~目黒にあった2つの抱屋敷と4村入会の意義・江戸幕府による目黒砲薬製造所稼働と千代ヶ崎抱屋敷の領域の縮小及び目黒火薬製造所「火薬運搬軌道」の遺構

【画像と史料ですっきりわかる目黒1丁目界隈の郷土史】第2章 肥前国島原藩主松平主殿頭千代ヶ崎抱屋敷Ⅱ~千代ヶ崎の由緒と小字名の変遷・衣掛松と絶景観・千代ヶ池の周囲を通過した三田用水暗渠

【画像と史料ですっきりわかる目黒1丁目界隈の郷土史】第2章 肥前国島原藩主松平主殿頭千代ヶ崎抱屋敷Ⅲ~元千代ヶ崎抱屋敷から発見された大鳥神社・別当大聖院所蔵「切支丹灯籠」(”隠れキリシタン”松平主殿頭)

【画像と史料ですっきりわかる目黒1丁目界隈の郷土史】第3章 目黒1丁目を通過した三田用水暗渠地帯Ⅰ~三田用水取水口跡・銭瓶窪口跡・三田用水の碑・三田用水普通水利組合跡

【画像と史料ですっきりわかる目黒1丁目界隈の郷土史】第3章 目黒1丁目を通過した三田用水暗渠地帯Ⅱ~千代ヶ崎抱屋敷最北端を通過した三田用水の流路(池波正太郎が鬼平犯科帳で描写した松平主殿頭千代ヶ崎抱屋敷最北端の道の景観とその道沿いを流れた三田用水暗渠・茶屋ヶ坂射撃場跡・茶屋ヶ坂下に至る暗渠・傳道抱屋敷前を通過し目黒川ふれあい橋に至る暗渠)

【画像と史料ですっきりわかる目黒1丁目界隈の郷土史】第3章 目黒1丁目を通過した三田用水暗渠地帯Ⅲ~松平主殿頭千代ヶ崎抱屋敷を通過し3分岐して目黒1丁目に注いだ三田用水の流路①(千代ヶ崎抱屋敷を抜けた三田用水が一直線で目黒1丁目に進入する流路)

【画像と史料ですっきりわかる目黒1丁目界隈の郷土史】第3章 目黒1丁目を通過した三田用水暗渠地帯Ⅳ~松平主殿頭千代ヶ崎抱屋敷を通過し3分岐して目黒1丁目に注いだ三田用水の流路②(明治40年前後の地図には表示されていない進入経路)

【画像と史料ですっきりわかる目黒1丁目界隈の郷土史】第3章 目黒1丁目を通過した三田用水暗渠地帯Ⅴ~松平主殿頭千代ヶ崎抱屋敷を通過し3分岐して目黒1丁目に注いだ三田用水の流路③(マンション西目黒苑のグリーンベルトから進入する経路)

【画像と史料ですっきりわかる目黒1丁目界隈の郷土史】第4章 三條實美と久米邦武~元肥前国島原藩主松平主殿頭千代ヶ崎抱屋敷領地の一角に在住した有力者たち

【画像と史料ですっきりわかる目黒1丁目界隈の郷土史】第5章 肥前国島原藩主松平主殿頭千代ヶ崎抱屋敷周辺の坂Ⅰ~千代ヶ崎抱屋敷南側境界線の権之助坂

【画像と史料ですっきりわかる目黒1丁目界隈の郷土史】第5章 肥前国島原藩主松平主殿頭千代ヶ崎抱屋敷周辺の坂Ⅱ~金毘羅坂(廃仏毀釈運動の犠牲になった金毘羅大権現社・別当寺曹洞宗鳳林山傳燈院高幢寺)

【画像と史料ですっきりわかる目黒1丁目界隈の郷土史】第5章 肥前国島原藩主松平主殿頭千代ヶ崎抱屋敷周辺の坂Ⅲ~行人坂と太鼓橋(一円相唐橋)・椎の木・夕日の岡(初代・2代目歌川広重と初代歌川国貞と長谷川雪旦のスケッチとともに)

【画像と史料ですっきりわかる目黒1丁目界隈の郷土史】第5章 肥前国島原藩主松平主殿頭千代ヶ崎抱屋敷周辺の坂Ⅳ~”ガッカリ名所”茶屋坂の検証

【画像と史料ですっきりわかる目黒1丁目界隈の郷土史】全章 肥前国島原藩松平主殿頭千代ヶ崎抱屋敷と周辺郷土史~千代ヶ池・目黒1丁目(傳道・上耕地地区)の三田用水暗渠地帯・目黒砲薬製造所・三條實美・久米邦武・金毘羅坂・権之助坂・行人坂・茶屋坂)